HOME > 特定健診・特定保健指導 > 特定健診・特定保健指導のご案内

特定健診・特定保健指導のご案内
特定健診・特定保健指導とは
特定健診とは・・・
  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という概念を取り入れた健診です。
  • 医療保険者(国民健康保険組合・健康保険組合・政府管掌健康保険・共済組合等)が実施します。
  • 対象は、40〜74歳の方全員です。
  • 健診結果から、特定保健指導の対象者かどうかを判定します。
  • 健診結果をもとに、食事・運動などの生活習慣見直しに必要な情報が提供されます。
*:メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)
  • 内臓脂肪の蓄積によって、脂質異常症(中性脂肪やコレステロールの問題)や糖尿病、高血圧症を合併する症候群のこと。
  • 脂質異常症や糖尿病、高血圧症のひとつひとつが軽症でも、これらの危険因子が重なると、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中などの危険性が高まります。
特定保健指導とは・・・
  • 特定健診の結果をもとに、医師や保健師、管理栄養士などの専門家が、あなたに合った生活習慣見直しに必要な食事・運動などの行動目標をアドバイスするための指導です。


みなさまへのメッセージ
健診を受けるだけではなく、健診結果の問題点から、ご自身の生活習慣を見直すきっかけとしていただくために、保健指導対象者になられた方には、積極的な参加をお願いいたします。


運営についての重要事項に関する規程


特定健診・特定保健指導に関係する機関リンク先