HOME > よくある質問 > マンモグラフィーについて
よくある質問
マンモグラフィーについて

マンモグラフィーとはどんな検査ですか?
授乳中ですがマンモグラフィー検査はできますか?
豊胸していますがマンモグラフィーを受けることは可能ですか?
乳がん検診ではどの検査を選択すべきですか?


質問 マンモグラフィーとはどんな検査ですか?
回答 乳がん検診の1つで、乳房を板ではさみながら撮影するX線検査です。視触診では発見できない早期の癌にも有用です。乳房を均等に圧迫する必要があり、痛みを感じることがありますが、より診断しやすい画像を得るため、できるだけご協力をおねがいします(痛みには個人差があります)。特に40歳以上の方はマンモグラフィーをおすすめします。
※ペースメーカー装着者や豊胸、妊娠中等、検査が実施できない場合がございます。心配な方は担当技師に申し出てください。

質問 授乳中ですがマンモグラフィー検査はできますか?
回答 検査は可能です。しかし通常よりも強い痛みを感じたり、仮に病変(病気による変化)があっても、見えにくかったり、隠れて発見できない可能性もありいます。そのため授乳中や授乳直後の方は乳房超音波検査をおすすめします。

質問 豊胸していますがマンモグラフィーを受けることは可能ですか?
回答 人間ドックや健康診断の「検診マンモグラフィー」では、インプラントの破裂等の危険を回避するため、原則お断わりします。
ただし症状として何か異常がある場合などの「診療マンモグラフィー」や、豊胸の種類によっては、十分な説明をさせていただいた上で、撮影できる場合もあります。しかし残念ながら、診断の精度は劣ります。
必ず、担当技師にお申し出いただくようお願いをいたします。
質問 乳がん検診ではどの検査を選択すべきですか?
回答 現在、我が国の乳がん検診は40歳からとされています(30代は検討中)。
以下の表を参考にしてください。
年齢 40〜49歳 50〜59歳 60歳以上
方法 マンモグラフィー2方向 マンモグラフィー1方向 マンモグラフィー1方向
視触診・超音波 視触診  
間隔 隔年 隔年 隔年