HOME > 施設のご案内 > 骨塩定量(骨密度)検査
施設のご案内
骨塩定量(骨密度)検査
米国/オステオメータ社 DTX-200

X線の検査ですので、妊娠中・妊娠の可能性がある方はお受けいただけません。
骨の中身としての組織が十分あるか、組織に隙間がないかなどの骨の密度が低下していないかを調べる検査であり、おもに骨粗鬆症を診断する検査です。とくに女性は閉経後に激減しやすいため、中高年以上の人は、年1回は骨量の検査を受けることが望まれます。また、最近では若い女性にも多く見られる傾向があります。