HOME > 施設のご案内 > デジタル超音波診断装置Apron EUB-7000HV
施設のご案内
デジタル超音波診断装置Apron EUB-7000HV

血流表示を観察するドプラ、カラーフローマッピング機能などを備え、従来より鮮明で正確なデジタル画面が撮影できます。
脳動脈硬化ドックに含まれる頸動脈超音波検査では、首の血管の内側に血栓(プラーク)がないかどうか、狭窄がないかどうか(血管壁の厚さ)を調べます。
頸動脈の動脈硬化が進んでいるほど、ほかの部位の動脈硬化も進んでいると考えられ、動脈硬化が原因となる脳梗塞や心筋梗塞などの危険度を推測することができます。
他にも腹部・乳房・心臓などさまざまな部位の検査に活躍します。