HOME > クリニックのご案内 > 沿革

沿革
1932(昭和7) 操 担水が岐阜縣病院小児科(現岐阜大学医学部附属病院小児科)部長を退官後、ミサヲ小児科を岐阜市神田町に開院する。
1933(昭和8) 操 担水の急逝によりミサヲ小児科が閉院される。
1948(昭和23) 操 敬により操 醫院(内科・産科婦人科)が岐阜市長住町に開院される。
1949(昭和24) 操 信の参加により、外科部門が開設される。
1952(昭和27) 病床開設に伴い、操 病院となる。
1958(昭和33) 操 敬(操 病院院長)の急逝後、操 信が院長を後継する。
岐阜県立医科大学病院内科助手を退職した操 忠(現医療法人社団操健康クリニック理事長兼院長)が操 病院に勤務し、内科部門を担当する。
内科に人間ドック部門が開設される。
1964(昭和39) 操 病院新館が岐阜市金町に増築される。
1977(昭和52) 人間ドック部門の専用フロア開設のため、操健康クリニックが岐阜市薮田南に開設される。(院長 操 忠)
1991(平成3) 操 病院の無床化に伴い、操 医院となる。
1993(平成5) 法人化に伴い、医療法人社団 操健康クリニックとなる。
1997(平成9) 操健康クリニックが日本総合健診医学会優良総合健診施設に認定される(第57号)。
1998(平成10) 操健康クリニックが日本病院会指定人間ドック優良施設に認定される。(2005年より日本病院会人間ドック学会関連施設に変更となる。)
1999(平成11) 操健康クリニック西館が増設され(Pan Medical Square内)、人間ドック部門が拡充される。入院施設を開設する。
2004(平成16) 岐阜市南鶉に【関連施設】操健康ケアセンターが開業される。
2005(平成17) 操 医院の閉院に伴い、操 医院の内科外来診療部門が操健康クリニックに統合される。
2006(平成18) 禁煙外来が開設される。
2008(平成20) トラベルクリニックが開設される。
2009(平成21) 介護部門に操介護支援センターが設立される。
2011(平成23) 【関連施設】操健康ケアセンターが、岐阜市江添に新築・移転される。
操健康クリニックが、日本総合健診医学会認定研修施設に指定される。