HOME > 外来/入院・療養病床 > 禁煙外来のご案内

禁煙外来のご案内
禁煙のススメ それでもあなたは吸い続けますか??

数ある生活習慣病で自らの手で体を傷つける悪魔の仕業・・・タバコ!!なんとなくカッコいいからというイメージで吸い始めていつの間にか、ニコチンによる中毒〜禁断症状に陥り、抜け出せなくなっているのでは?多くの人が体に悪いとわかっちゃいるけど止められない方がほとんどです。現在もっとも禁煙成功率が高い手段として、ニコチン置換療法(ニコチネルTTS(R))があります。禁煙に少し興味がある人はぜひ覗いてみてください・・・・

たばこの害は、肺の病気(肺がん、肺気腫)に限らず、全身の血管の詰まる病気(脳梗塞・心筋梗塞)、そしてガン:咽頭・喉頭、食道、膀胱、婦人科系臓器のがん・・・・さらに悪いのは若いころからたばこを吸ってきた女性の子供の有病率の高さが問題なっています。 また、親が家庭内でたばこを吸うと非喫煙者や子供への影響は何十倍にもなってしまいます。吸っているあなたが家族を見殺しにしている・・・のかも・・・

まずは喫煙者に起こる肺の変化について考えてみましょう。こんな状態が自分の体の中に起こっているんかと思うとなんだかゾッとしませんか!!(@_@;)

  65歳女性
非喫煙者、夫も非喫煙者
75歳女性
非喫煙者、夫はヘビースモーカー
70歳男性
1日10本50年間喫煙
70歳男性
1日60本、55年間喫煙





きれいな肉色の正常な肺 黒線はススやタール 大部分が黒く変化 すべて真っ黒




変化
スポンジ様で小さな穴の大きさは1/10mm、数は3億個 穴の大きさが少し拡大。黒い点はタール 穴の大きさは5〜6mmに拡大。数は正常の半分くらい  
資料提供:呉羽内科医院・水上陽真氏、ノバルティスファーマ社資料より引用


どうしたら禁煙できるの?
まずは、本人が禁煙したい!禁煙しなきゃ!と思わないとダメです。そのきっかけは"タバコ代の節約"とか"たばこを吸う場所を気にしたり探したりするのがミジメ""当然体のため"・・・であるのは当たり前ですが。とにかく何でもいいからやめる口実を見つけてください。そして、私に相談してください。
なぜなら私もかつてはタバコの魔の手から抜け出せなくて、もがいていたからです。

私の禁煙小話・・・・
ある日、そうあれは2003年7月1日のたばこの値上げ前日の6月30日。値上げ前にタバコ屋さんで10箱入りカートンを5カートンも買って手にぶら下げていました。それまで、キャスターマイルド一日平均30-40本のかなりなヘビーなスモーカーさんでした。でも一方では山登りが好きで、日帰りでアルプスも登っていましたが、ある時、たばこを吸っている合間にどんどんと人に(いわゆる高年登山者という方たちに・・)抜かされて、ついていこうと思っても息が切れて追いつけない・・・こんなことじゃあだめだ!タバコやめよう!とずっと思っていましたが、このタバコを買いだめした自分の情けない姿をふるい去るように一念発起!その買ったタバコを店の前のごみ箱に全部捨ててきました!!(この後拾った人がいたらラッキ〜?ですよね〜・・・・なわけない)

翌日からニコチン置換療法(ニコチネルTTS(R))のお世話になりました。とにかく最初の3日間はたばこの禁断症状でイライラ・そわそわ・・それはもう大変でした。とにかく1週間は気合で乗り越えて、一週間止めることができた自分が少しかっこよく感じ、そして、また一週間・・・とどんどん禁煙の日数が増えてゆきました。ニコチンパッチを徐々に少ない量のものに貼り替えて8週間の決められた日数を終えた時は、ほとんど禁断症状も無く、なんとなくもう足を洗えそうかな?と思えるようになりました。それから半年はとにかくタバコを目にしないように努力した結果、タバコを吸いたいという欲求は無くなり逆にタバコの煙が臭いと感じるようになりました・・・・それから5年もう今では全くたばこを吸いたいと思うことさえありません。自分では絶対禁煙できないだろうと思っていただけに、かなり嬉しかったですね・・・。

タバコを吸っている人の気持ちがわかるから厳しく注意することもあるし逆に優しくなれるかなと思います・・・(自慢にはならないですけどね)
禁煙したいな〜と思った方は、とにかく私に相談してみてください。
電話で予約も結構です・・・
なお、現在、当院ではチャンピックス(内服薬)・ニコチネルTTS(貼付剤)のいずれかで、みなさまの禁煙をサポートさせていただいております。
058-274-0330 内線116
担 当 医 師: 操 潤(みさおじゅん)
担当看護師: 河合眞里子(かわいまりこ)までご連絡ください。