HOME > 人間ドック・総合健診 > 専門ドックのご案内 > メタボリックシンドローム

専門ドックのご案内-メタボリックシンドローム
内臓脂肪面積測定のご案内

今、あちらこちらで話題のメタボリックシンドローム…
あなたはご自分のお腹と、忍び寄る生活習慣病の危険が気になりませんか?

脂肪の付き方は大きく分けて「リンゴ型」「洋ナシ型」の2種類です。
メタボリックシンドロームと言われる「内臓脂肪型肥満」はリンゴ型肥満に多いと言われ、そのまま生活習慣を改善することなく、内臓脂肪をほっておくと、動脈硬化が進み、生命を脅かす、糖尿病・脳卒中・心筋梗塞・狭心症などの原因へとつながります。

「リンゴ型」「洋ナシ型」イラスト

内臓脂肪とは、お腹の中に貯まる代謝上活発な脂肪のことで、男女ともに、面積が100cm2以上を超えると危険とされています。
そしてメタボリックシンドロームの診断には、正確な内臓脂肪量の測定が不可欠です。
2009年3月、当クリニックに新しく導入された最新式のマルチスライスCTで、あなたの「内臓脂肪」を測定できます。


内臓脂肪が少ない例のCT画像
内臓脂肪が少ない例
内臓脂肪が多い例のCT画像
内臓脂肪が多い例

何となく「このままではマズイかも・・・」と思っていらっしゃる方。
少しだけ勇気を出して、自分のお腹をのぞいてみませんか?
検査にかかる時間は十数秒、放射線被爆量もわずかです。

「状況がマズイのはわかっているけど、自分ではどうやって生活を改善していけばいいのか・・」
と、途方に暮れる方もには最長2年の間に、3回の栄養指導と3回のCT検査を受けながら、生活改善を目指す!というコースもございます。
1人では挫けてしまいそうなダイエットも、やさしく励ましてくれる栄養士さんと一緒なら、成し遂げられるかもしれませんね。

また、腹部(肝臓・腎臓・膵臓・胆のう・脾臓)のCTによる詳細な検査と内臓脂肪測定で、
ご自分のお腹とじっくり向き合うというオプションも増設されました。


CT検査はご予約が必要です。
人間ドックや健康診断のオプション検査としても、または単独のご受診でもご予約頂けます。
内臓脂肪面積測定
内容・検査項目 内臓脂肪面積のみの測定
(内臓脂肪の測定のみで、他臓器の評価は含まれておりません)
税抜価格 ¥5,000 (単独のご受診は別途診察料が必要です)


腹部CT検査(内臓脂肪面積測定付き)
内容・検査項目 腹部(肝臓・腎臓・膵臓・胆のう・脾臓)のCT検査と
内臓脂肪面積測定
税抜価格 ¥16,000 (単独のご受診は別途診察料が必要です)


内臓脂肪面積測定(栄養指導付き)
内容・検査項目 内臓脂肪面積測定3回と管理栄養士による栄養指導3回
最長2年間に、3回のCTによる内臓脂肪の測定で、あなたのガンバリを観察できます
税抜価格 ¥15,000


結果報告書サンプル
内臓脂肪面積測定の結果用紙